トップページ > 学校紹介 > 講師紹介 > 音楽理論、作曲、ピアノ/アンサンブル、コーラス
 
学校紹介

講師紹介音楽理論、作曲、ピアノ/アンサンブル、コーラス

音楽理論、作曲、ピアノ

歳森今日子Kyoko Toshimori

音楽理論、作曲、ピアノ 歳森今日子

東京生まれ。東京芸術大学音楽学部附属音楽高校作曲科を経て、東京芸術大学音楽学部作曲科卒。
・作曲、編曲、ピアノ&キーボード演奏活動・・・NHKみんなの歌、テレビ東京ドキュメンタリー、BSジャパンの開局記念番組などへの楽曲提供や演奏、編曲。ポップス、ヒーリング、クラシック系のCDタイトル約30枚に制作参加。クラシック系、米良美一、岡本知高、エカテリーナ、などのコンサートやCDのアレンジを担当。
・音楽教育・・・学校講師や個人レッスンで、音楽理論、ソルフェージュ、聴音、新曲視唱の指導をしている。過去には東放学園放送専門学校にてソルフェージュ、ポピュラーピアノ指導。現在、尚美ミュージックカレッジにて作編曲授業を担当。

吉中美樹Miki Yoshinaka

音楽理論、作曲、ピアノ 吉中美樹

武蔵野音楽大学ピアノ科を卒業後、さまざまなアーティストのバックコーラスやピアノ演奏をつとめながらシンガーソングライターとしてソロで活動するようになる。
自身の創作・演奏活動を重ね、1994年1月21日ミディレコードから「My Cup of Tea」(アルバム)でデビュー。
その後作品提供やピアノ演奏などの活動を続けながら、現在はESPミュージカルアカデミーをはじめとする音楽学校にて後進の育成を積極的に行っている。

CD Release
 アルバム『My Cup of Tea』1994.1.21(MIDI Records)
 シングル『DAY BY DAY』1994.11.21(MIDI Records)
 アルバム『水族館のゆめ』1997.11.15(MELL Records)
作品提供
 西田ひかる「愛はそばに」(アルバム"Esprit") 作詞:京恵里子/作曲・編曲:吉中美樹
 薬師寺容子「きっとあえる」(シングル、ミュージカル若草物語イメージソング) 作詞・作曲:吉中美樹/編曲:原一博
 清水ミチコ「あったかいね」(アルバム"飴と鞭") 作詞・作曲:吉中美樹  前田亜季「ふゆふわり」(アルバム"Winter Tales") 作詞:森浩美/作曲:吉中美樹/編曲:吉俣良 ほか多数
Chorus&Piano
 斉藤由貴(1988年〜1995年)
 崎谷健次郎(1990年〜1991年) ほか
音楽講師職
専門学校ESPミュージカルアカデミー、シンガーソングライターコース講師としてポピュラーピアノ、作曲、イヤートレーニング、スコアリーディングの授業を担当。
OKADA音楽教室講師として、ポピュラーピアノの個人レッスンを実施。
荒山靖子主催サタデーリトミック、ピアノ担当。

ページトップへ戻る

アンサンブル、コーラス

門田和峻Kazutaka Monden

アンサンブル、コーラス 門田和峻

茨城県つくば市出身。幼少よりリトミックとピアノを学び、リトミック科卒業作品制作をきっかけに作曲を始める。
ダルクローズ・リトミック国際大会2004と2008にプラスティックアニメのパフォーマーとして出場。
東京音楽大学作曲専攻芸術音楽コース卒業。卒業時に卒業作品が優秀作品に選出され、学内Sオーケストラにて演奏される。
その後、東京学芸大学大学院音楽教育専攻作曲領域を修了。
作曲を壺井一歩、藤原豊、植田 彰、西村朗、糀場富美子、山内雅弘の各氏に師事。
オーケストラ、室内楽、吹奏楽等の作編曲を手がけ、クラシックや現代音楽のみならずタンゴ等のライブや、テレビドラマの劇伴等にも数多く携わるなど、ジャンルを超えて活動。
アトリエ・ドゥ・ダルクローズ講師。

宮崎和美Kazumi Miyazaki

アンサンブル、コーラス 宮崎和美

国立音楽大学声楽科卒業。 声楽を山田純彦、古楽唱法を花井尚美、鈴木美登里、グレゴリオ聖歌や計量記譜法を花井哲郎の各氏に師事。
主に中世、ルネサンス、バロック音楽で活動。アトナリテ・クール、中世女声アンサンブル ド・リーフデ、メンバー。
また、エレクトーンとのユニットでも活動し、万葉の歌音楽祭にて大賞受賞。ビアノにおいてもパーティーやラウンジでの演奏の傍ら指導にも携わる。
現在、国立音楽院指導講師、またブライダル奏者の育成、カルチャーセンターや音楽教室の講師も務めている。
近年ではアカペラコーラスグループにも加入し、ジャンルにとらわれずにヴォーカルアンサンブルの魅力を探求しながら活動している。

ページトップへ戻る
ページトップへ戻る

メインメニュー

Copyright(C) TOKYO MUSIC ARTS All Rights Reserved.